2010年01月12日

<常磐自動車道>自転車など投げ込まれる 茨城・つくば市(毎日新聞)

 10日午後11時10分ごろ、茨城県つくば市谷田部の谷田部インターチェンジ(IC)−桜土浦IC間の常磐自動車道路上に、高さ約12メートルの高架橋から自転車1台が投げ込まれた。通りかかった普通乗用車が自転車と衝突し、バンパー部分が破損したが、男性運転手(38)にケガはなかった。

 また、約7時間後にも、現場から約600メートル離れた高架橋から、自転車2台と消火器3本が投げ込まれた。

 事故などの被害はなかった。これにより、谷田部IC−桜土浦IC間で、合わせて約5時間にわたって時速50キロの速度規制がとられた。高速道路交通警察隊は、場所が近く、投げ入れられた物も似ていることから、同一犯とみて道交法違反(禁止行為)で捜査している。【杣谷健太】

不知火
DorothyJamesのブログ
ショッピング枠現金化
現金化口コミ
債務整理無料相談
posted by minowaman at 22:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<日米外相>週明け会談で調整 普天間移設先送りの経緯説明(毎日新聞)

 岡田克也外相とクリントン米国務長官との会談が、18日の通常国会召集前にワシントンで行われることが固まった。10日か11日を軸に検討している。米側は外相会談に難色を示していたが、日米関係がぎくしゃくしている印象を国際社会に与えるのは得策ではないと判断したとみられる。岡田氏は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、日本政府が結論を先送りしたことについて、あらためて経緯を説明する。

 訪米中の藪中三十二外務事務次官は5日、米国務省でスタインバーグ副長官と会談した後、岡田氏の訪米について「最終調整中」と述べ、会談に向け米側との調整が大詰めを迎えているとの認識を示した。

 会談で藪中氏は、政府・与党が12月に設置した普天間飛行場の移設先を実務レベルで検討する「沖縄基地問題検討委員会」の目的などを米側に説明。会談終了後、記者団に「じっくり話を聞いてくれた」と述べた。

 米側の反応については詳細な説明を避ける一方、「日米同盟が東アジアの平和と安定には不可欠ということで明確に合意した」と強調。外相会談では、普天間移設問題に焦点をあてず、強固な日米同盟が必要との認識を確認する場となるものとみられる。

 ただ、米側は移設先をキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に建設する日米合意の履行を求める姿勢を維持する方針。【野口武則、ワシントン古本陽荘】

【関連ニュース】
<普天間移設>移設先に長崎の2カ所案 元外務省局長、首相勉強会で
<普天間移設>自民・石破氏が訪米 国防次官補らと会談
<普天間移設>藪中外務次官訪米 意見交換へ
<普天間移設>平野官房長官、8日から沖縄を訪問 仲井真知事と会談
<10大リスク>日本5位 トップは米中関係

e70av9upのブログ
ケーキのブログ
クレジットカード現金化
パチンコ攻略
現金化
posted by minowaman at 18:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。