2010年06月07日

3歳長男に暴行、容疑の母親逮捕(産経新聞)

 3歳の長男に暴行を加えたとして、静岡県警静岡南署は31日、傷害の疑いで、静岡市駿河区下川原南、無職、清野はるか容疑者(20)を逮捕した。同署によると、清野容疑者は容疑を認めている。

 同署の調べでは、清野容疑者は30日午後11時35分ごろ、自宅で、長男の惺(せな)君(3)の背中や腹に殴るけるの暴行を加え、右脇腹を打つけがを負わせた疑いが持たれている。惺君が投げた物が清野容疑者に当たり、激高して犯行に及んだという。

 清野容疑者は夫(35)と惺君との3人暮らしで、惺君が暴行を受けたのを目撃した夫が「妻が息子を殴った」と110番通報した。夫は以前から清野容疑者の長男への暴力について同署などに相談しており、同署は継続的な虐待の疑いもあるとみて調べている。

【関連記事】
母親の約8割「子供に八つ当たりした経験」
「私はサンドバッグ…気絶するほど殴られた」「ささいな言葉が救いに」
トラウマ、脳に影響 性的虐待8割に解離性障害
「ママが来る! 怒られる!」夜泣きする子供たち
“犬小屋”に2児を監禁1年半 「究極のネグレクト」回復の鍵は?

首相辞任検討「済州島で一人で考えた」(産経新聞)
東京選挙区一気に混迷…山田・元杉並区長出馬で(読売新聞)
大きな目を潤ませ、辞任の理由は「普天間の混乱」と「政治とカネ」(産経新聞)
首相、続投を確認=小沢氏との会談で(時事通信)
徳之島は「日常的訓練」=普天間移設、本土より高頻度想定―官房長官(時事通信)
posted by minowaman at 22:39| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

物品の相互提供、日豪ACSA署名(産経新聞)

 日豪両政府は19日、外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)を都内の外務省施設で開き、自衛隊と豪州軍の間で食料や燃料を相互に融通しあう「物品役務相互提供協定」(ACSA)に署名した。国連平和維持活動(PKO)や救援活動、共同訓練などの際、食料や水、燃料などの相互提供のほか、輸送や整備、医療活動でも相互協力を可能にし、効率的な部隊運用を目指す。日本がACSAを結ぶのは米国に続き2カ国目。

【関連記事】
日豪でACSA締結へ 自衛隊と軍、食料・燃料を相互提供
捕鯨問題で日本がラッド政権に立腹と豪紙
「日豪関係育成すべき」鯨問題で豪有力紙
外務省がEPA推進本部設置 政治主導で交渉打開?
ASEAN首脳会議閉幕 迫られるアジア共同体への対応
中国が優等生路線に?

小沢氏、「参院選が最終戦」(産経新聞)
国会法成立、今国会断念へ 小沢氏示唆(産経新聞)
<羽生市長選>河田氏が無投票再選(毎日新聞)
健康保険料負担も少ない独法職員、29組織で(読売新聞)
閉じ込めなどトラブル多発、自動車の電子キー(読売新聞)
posted by minowaman at 10:45| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。